自毛植毛のメリット・デメリット※植毛する前にチェック!

自毛植毛のデメリットは?

 

自毛植毛のメリット・デメリット※植毛する前にチェック!

 

自毛植毛後は移植した毛の90%が一旦抜け落ちてしまいます。これは普通に起こることで、血流の変化によってヘアサイクルが変わることが原因と言われています。
これはデメリットにも思えますが、一旦抜け落ちてそれから徐々に生え揃っていくのでかえって周りに気づかれにくくなります。

 

一気に髪を増やす増毛やかつらは、バレやすいですが、自毛植毛はそれに比べると手術したことがバレにくいと言えます。

 

気づかれにくい理由としては、生え揃うまでに約1年かかる、自分の毛なので周りの毛に対して違和感がない、ということです。最近ではメスを使わないでパンチ式の器具を使って移植する方法もあり、これだと採取部分と植え込み部分の傷を目立たなくさせることができます。

 

自毛植毛を行って効果が実感できるようになるまでには、約3?4ヶ月必要です。それからさらに半年?1年かけてボリュームアップしていきます。徐々に変化していくので、毎日見ている人からすると変化に気づきにくくなります。ゆっくり変化するものに対しては、人間の脳は気づきにくいという性質があるからです。

 

自分の毛を使うので、太さや色が微妙に違うという違和感もありません。かつらや増毛は基本的に自分のものではない人工毛を使うので、どんなに気をつけても髪質が異なって違和感を感じさせてしまう可能性があります。しかし自毛植毛で生えてくるのは自分の毛なので、質感が同じ毛が生えてきて目立ちにくいです。

 

傷に関しては少し注意が必要です。メスを使ってドナー採取する方法だと、その部位を縫合する必要があります。横一文字に傷がついてしまうので、数日間は包帯を巻く必要があります。ただ、後頭部でも襟足に近い部分や下の方から採取すれば、傷跡が目立ちにくくなります。

 

どうしても傷跡が目立ってしまう場合には、部分かつらをつけるカバー方法もあります。自毛植毛手術を行っているクリニックで、自分専用のものを用意してもらうことができます。

髪の悩みを持っている人は意外と世の中には沢山居るものです。

特に薄毛に関してはデリケートな悩みで人に打ち明けることはあまりありません。

 

自毛植毛のメリット・デメリット※植毛する前にチェック!

 

そんな人たちの悩みを解決する方法の一つとして自毛植毛があります。自毛植毛は後頭部や側頭部などの薄くなりにくい部分の毛を自分の気になる場所に移植する事です。外科手術となりますが、難しく考える必要はなく手軽に安心して行うことが出来ます。

 

毛根を1つずつ植えるといったイメージなので、移植したことを周りにばれる可能性は極めて低く、いつのまにか髪が増えているので自然な仕上がりになります。
また、移植が完了すればその毛は自分の毛として生え続け、仮に抜けてしまったとしてもまた生えるといったメリットがあります。

 

そして、気になる痛みですがいくら成功率の高い手術でも痛みがあれば大抵の人はやりたがりません。その点、自毛植毛は局部麻酔を行ってから施術に入りますので痛みは全く感じません。また、最新の技術であれば術後の痛みもなくメスも使わないというクリニックも出てきています。
仮に術後、痛みがでやすい人でも痛み止めを処方してくれるクリニックがほとんどですので痛みに関しては全く心配ないです。メスを使う自毛植毛の方法と使わない方法は、それぞれメリットやデメリットが違うので自分に合った方法を医師と相談することが大切です。

 

自毛植毛は、確かな医師の腕と最新の機器が術中の快適さや出来上がりを左右しているといっても過言ではありません。施術経験豊富なクリニックを受診しましょう。
手術の費用も施術する範囲によって全く違うので、事前に自分のどの部分に自毛植毛が必要かを考えると良いでしょう。

 

薄毛は時に人の目が気になったり、自信をなくしたりという事態になってしまいます。いかに自信を持つかという事を考えた時に安全で痛みのない自毛植毛はうってつけの方法です。
今の時代自毛植毛の技術は急速に発展しています。これから更に進化することが期待される分野です。

自毛植毛と人工植毛の解説

 

自毛植毛のメリット・デメリット※植毛する前にチェック!

 

植毛は自分の髪の毛を植え込む自毛植毛と、人工の毛髪を植え込む人工植毛という方法があります。

 

自毛植毛のメリットは正しい手術を受け成功すると自分の髪を一生手に入れることができるのが一番大きい特徴になります。
そして、植え込んだ髪の毛が定着するとメンテナンスなどといった手間もかからないため、維持費用をかけたくない人にも向いています。
最初の手術の費用は割高にはなりますが、手術を受けてしまえば以後の費用はかからないのもメリットになります。
そして、自分の髪の毛を植え込むので安全です。

 

デメリットとしては期待している効果が出てくるまでに時間がかかるということです。
植毛手術で植え込んだ自分の髪の毛は一度抜けてからもう一度生えてくることになるため早くて半年、遅くなると一年ぐらいかかることがあります。

 

人工毛植毛のメリットには自分の生えている髪の毛ではなく人工の毛髪を植え込むので、まだ生えている髪の毛の量が少なくても手術を受けることができるという点が挙げられます。
たくさんの髪の毛の本数を植え込むことが可能になるため手術を受けた直後に希望通りのヘアスタイルにすることが可能です。

 

デメリットとしては人工の異物を植え込むことになるため、いつかは必ず抜けるということです。
人工の毛髪をキープするため何回もメンテナンスすることが必要です。
その度に十万円ぐらいの費用がかかることになるため、結局的にかかる費用が高くなることがあります。
人工の毛髪が付け根で切れることがあり、頭皮が炎症を起こすトラブルが発生しやすいのもデメリットです。

 

最終的には人工毛による値段というメリットと自毛の安全性というメリットのどちらをとるかという問題になってきます。
人工毛による植毛は初期費用が安くできますが、メンテナンスによる維持費用が高くなる上に、定着しないで抜けたり、頭皮にトラブルが発生したりする可能性があるというデメリットがあります。
時間がかかっても良いので、自分の髪を大事に育てていきたい方や、頭皮のトラブルを避けて安全な手術を受けたい方、根本となる原因を解決したい方は、自毛植毛が向いています。

自毛植毛の施術後の傷

自毛植毛の施術後に傷跡が残るのとされるのは、メスを使用して行うFUT法で施術を受けた場合です。

 

FUT法は、まず後頭部や側頭部からドナー採取を確保していきますがその際にメスでその部位の皮膚片を帯状に切り取っていき、切り取った部分は上下の皮膚を合わせて縫合していきます。

 

その縫合した後がのちに傷跡として残ってしまうことがあるのです。

 

縫合した後、傷跡がくっついてくると同時に赤く硬くなってきて、赤みは2〜3ヶ月ほどで少しずつ回復していき、半年から1年も剃ればほとんど落ち着いてきますが、完全に傷跡が消えることはないと考えて良いでしょう。

 

ただ、技術力の高い医師の施術の場合には目視でもわからないくらいの傷跡になりますが、あまり経験を積んでいない医師の施術を受けることで、ひどく残ってしまうことも考えられますので、クリニックを選ぶときには治療実績が多いクリニックを選ぶのが望ましいといえます。

 

どうしても傷跡を残したくないという場合には、メスを使用しないFUE法がおすすめといえます。

 

FUE法は、後頭部や側頭部から医師が直接ドナー採取のための株を間引いていくので、切開傷が残らない方法です。

 

移植する際に小さな穴を開けていくのでかさぶたのような白い丸状の傷跡が残りますが、髪が伸びてくればほとんど目立たなくなると考えて良いでしょう。

 

クリニックによっては、本来は医師の手作業によって行われるFUE法を、植毛専用の直径の小さなチューブパンチで吸引採取して、薄毛が進行した部位に穴を開けて移植していく施術を行っているクリニックもあり、手作業で行うよりもより確実に採取と移植が行えるので定着率が高くなるといわれています。

 

しかし、FUE法の場合、FUT法に比べて技術力の高さを必要とすることから費用が高額になってしまう場合がありますので、もし植毛施術を受けたいクリニックを選んだら、事前に費用について確認しておくのが望ましいでしょう。

 

増毛と植毛の解説

 

自毛植毛のメリット・デメリット※植毛する前にチェック!

 

髪の毛が抜けてきたり、髪の毛が薄くなってきたりするのが気になってきて、育毛剤を使ったり、頭皮をマッサージしたりしてケアをしてみたけれども、うまく効果が出てこないという人も少なくはありませんが、育毛剤を使ったり、頭皮をマッサージしたりしてケアをする場合は、髪の毛が生えてくる効果が出てくるまでに長い時間がかかりますし、ケアを行ったら必ず髪の毛が生えてくるとは限らないこともあります。

 

育毛剤や頭皮マッサージなどでケアをしていても髪の毛が抜ける量が減っていかず、悩みを抱えている場合は植毛手術や増毛を検討してみるのも良い方法の一つです。
植毛手術や増毛や受けることによって、見た目の悩みが解消できます。
また、植毛手術と増毛は似ているように感じる対処方法ですが、大きく異なる点があります。

 

増毛は、今生えている髪の毛一本につき何本かの人工の毛髪を括りつけるなどして髪の毛のボリュームの見た目を増やすことができる施術方法になります。
一度の施術を受けるだけで一気に髪の毛のボリュームを増やすことが可能なので、がらっと印象を変えたいという人や、一刻も早く髪の毛が薄くなっているという悩みから解放されたいという人には、増毛の施術を受ける対策方法が向いています。

 

また、植毛手術はまだ生えている側頭部や後頭部の髪の毛を頭皮ごと切り取って、髪の毛が薄くなっているところに切り取った頭皮を植え込んで、髪の毛のボリュームを増やすことができる方法になります。
増毛とは異なり、植毛手術は医療行為なので、医療機関で執刀してもらう必要があります。
植毛手術を受ける場合は、髪の毛が薄くなっている部位に切り込みを入れて、切り分けられた髪の毛が付いている頭皮を株単位に植え込む必要があるために、どうしても手術時間が増毛の施術よりかかってしまいます。
しかし、植毛手術で手に入れた髪の毛は一生物で維持するための費用や努力は不要です。

 

植毛手術と増毛は、異なる点が多いので自分に適している方法を検討する事が重要です。

 

>>神戸の薄毛治療で信頼できるAGAクリニックはどこですか?

 

ホーム RSS購読